Jメールで知り合った畑沢さんとのお酒が始まりました。
日頃、仕事でやっていることと同じ。
躊躇することが全くありません。
お酒を飲む男性の接待をするだけ。
ずっと仕事でやってきて、体に染みついていることでした。
大学教授の畑沢さんは、それらしい雰囲気。
ちょっと尊大で上から物を言うような感覚。
でもこれも、お仕事なのだから、苦痛にはなりませんでした。
お金恵んでくれる人になってくれるかもしれないのです。
なおさら、相手の気分を良くしていくことに注意を払っていきました。

 

 コロナ以降の現在の仕事の話になりました。
ここぞとばかりに、緊急事態宣言解除後は、仕事のシフトが減ってしまっていること。
生活が厳しくなってしまっていること。
コロナの影響が強く、パートも探しにくい話などを、さりげなく悲しい表情を浮かべながら話していきました。

 

 結果から言えば、その日楽しいお酒を飲ませてくれたのだからと、3万円の支払いを申し出てくれたのです。
心の中ではガッツポーズでした。
「時間がある時、また。オンライン飲みに付き合ってくれるか」
この一言まで飛び出してきました。
最初から、オンラインパパ活大成功です。
これに味をしめてしまいました。
愛奈美ちゃんのやり方なら、収入になることが分かったからです。
もっとアプリの中で重点的に活動して、飲み相手の欲しい男性を探していくことにしました。

 

 JメールもワクワクメールもPCMAXも、大勢の男性たちがいます。
プロフ確認して、収入もチェックしています。
お金恵んでくれる人をパパ活アプリで探すことは、決して難しくはない雰囲気が、どのアプリにも漂っています。
積極果敢に行動していくことで、出会いは確実。
だから、収入だって確実と言えると思います。